FX初心者トレード|MT4、EAでスキャルピング 恐怖相場

新型コロナウイルスの影響が初心者トレーダーとしては初めての事ばかりで、非常に勉強になります。
(そんな悠長な事言っている場合では無いような気もしていますが・・・すみません。。。)

今回の相場はよく「リーマンショック」と比べられているようですが、「リーマンショック」時の相場を歴史としてしか知らない私は、「なるほど、こういう感じだったのかな・・・!?」と実感しています。

ただ、リーマンショックで失敗された方の記事などを見ると、当時はもっと急激に落ちて行ったのではないかな!?とは思っていますが・・・
(後、当時はレバレッジが大きくて、強制ロスカットが無かった!?というような・・・?
・・・すると当然、損失は膨らんで保証金を超えてどんどんマイナスされ、借金として膨らんでいきます。。。)

普段は微妙にしか上下しない ドル/円 相場も、今回ばかりはとんでも無く動いています。

今回の相場で初めて知った言葉で「フラッシュクラッシュ」というものがありました。

日本時間の午前中10:00頃でしょうか、ドル/円 がいきなり3、4円下振れしたのを、目撃してしまい、「????」
全く前ぶれ(変な動き)もなく、いきなり落ちて行きました。どうもこの現象を「フラッシュクラッシュ」と呼ぶようです。

昔の相場には無く、今の相場だから起こる現象 との事で、通貨の取り引きの多く(企業や大口投資家等)がコンピュータのプログラムで行われている為、売り注文がほとんどのプログラムから同時に発生され、想定外の上下動を発生させる事との事です。

「いやー確かに、初めて見たかも、この動き・・・」

リーマンショックの記事を見ている時に良く出てきたのは「ブラックスワン」(予想していない出来事が突然発生する事)という言葉を見ましたが、今回は「フラッシュクラッシュ」。

今回のコロナウイルスで言われるのが「灰色のサイ」(何となくわかっていたが、無視(対応されない)されてきた事)という言葉も出てきました。

「フラッシュクラッシュ」って、車のカーナビの様に、みーんなそっちを誘導するから、なぜかこんな道が渋滞してる・・・というのに似てると思ってしまったのは私だけ!?

・・・ かなり呑気ですみません。。。

フラッシュクラッシュに対応はできるのでしょうか・・・!?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です